更新は2020年12月で終わります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ とりあえず保身の保身で身構えるうわさばらまく怪しげな影 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ …

とりあえず東京漂流覚悟する時代はでこぼこどうにもならず

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 揺れ動く議論で終わる時代には胡蝶蘭の香りあふれ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

親切が凶器に代わる怪しさに身を置いている令和元年

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 親切をばらまくおばさん勘違い時代は変わり駄菓子もかわる 親切が通じていかぬ現実を嘆くこたつの午後三時 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・…

無駄絵描きご機嫌親父の行先は常識片目の似たり寄ったり

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 絵遊びで一日終える冬ごもり焼き芋半分食べ残しあり ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・…

新しい時代はきっとつながりのない光のようなものだろう

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 一月は気づかぬうちに流れゆくきれいごとは呼びかけもせず ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・…

とりあえず眠気解消極楽の日々となるありがたさかなる

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 願いごと探すことなき日々になる求めないが朝のはじまり このままでいいと言い出すこのごろは地球崩壊感染パニック ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・…

常識の抜けたやつと揶揄される時代の風が舞い上がるビル

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 子を持たぬ司祭が語る家庭論うつろな視線もありえる話題 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・…

不条理を並べる親父のあごひげを抜き去る遊びそれもいいかも

「歯ぎしりし・悶絶宇宙がお気に入り」 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 結婚が形見せない時代なり地球崩壊ありそうな日々 クワガタで時を過ごす無骨もの見栄はる段取りはずしもしない」 ・・・・・・・・・・・・…

ラグビーの国歌斉唱仰々しい大砲放つ気分が混じり

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ コロセウム劇場舞台の剣闘士金襴緞子の死の舞踏 匂いたつ時代の気分蛍光玉戦争知らぬ極楽なるか ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ …

不可解な道徳神話を投げ捨てるそれもありかお手軽時代

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 豊かなる神話と生きる暮らしあり絶対神の歪さもなく 「しあわせ」があるかのごとく語り合う摩訶不思議なる令和元年 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・…

じわじわと季節が廻り戻らない不思議の不思議もどらない

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 二人でも理解可能なぎこちない言葉で語りし正月もあり なにもかもあるかのごとく文字にする虚構時代の俳句世界 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・…

ほどほどのさむさにおりる階段に供え餅の正月があり

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 過剰なるむき出し表現抜け出して「絵遊び」するも年寄りの知恵 仕事する日常こそが仕事なり講釈不要美学もいらぬ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・…

新しき年の始まり地吹雪の港町に演歌ながれる

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 素人のなれ合い短歌も身について日記代わりが身の置き所 とりあえず短歌並べる正月は軽さもほどほどご機嫌おやじ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・…

なにもかも放り出して日差し浴び笑顔を楽しむ山暮らし

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 恨みごとぶつけ合ってコロッケを半分分けする懐かげん ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

新しい年の初めに老いてゆく指を握るも吉事なるか

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 不細工なイメージ拡げそれなりの楽しみ拾う令和の始め ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・…

路地裏にしぶとくのこる喫茶店頑張っているとは言われたくない

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ グランドをばたばたうちし応援旗意味不明なる文字もおかし ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・…

時代ゆき「いろり」囲む段取りもめらめらと燃え塵埃となり

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ お手軽な短歌仕立ててご満悦時代の気分はそんなものだ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 慇懃な昭和を生きたおやじ殿「めかけ」が甲…

始まりはたったひとつ好奇心それでいいのだそれがいい

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 体裁のいい言葉選びぷかぷかと暮らすがいいと強がりをいう ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・…

ある時は虚構正義の旗を振る罵りあいも戦術になり

「きれいごと信じなくてもそれはそれ」 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 選挙戦勝利宣言祝勝会ごきげんむきだし怪しげおやじ 恥ずかしさどこかにすっ飛び醜態がむきだしになる選挙のおわり ぶんだくり便宜供与の密…

始まり裏事のはじまりありがたいなにもかもがありがたい

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 周五郎読んで暮しを温めるオロナミンよりありがたいかも ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・…

理不尽な国益主張の人もあり時代の正義ぼろ船のごとし

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 少女のみ付き合い相手と決めているご機嫌おやじの無精髭こく ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・…

上品な言い回しより色気ない野太さがいいのだ冬突入

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ここまでもよくきたものだ生きてきた後はきれいにきえるだけ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・…

取水口開く親父の日焼け顔生きてるあかしそれがいい

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 五輪とは就職先と心得て観戦してる時代も過ぎて ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 振り返り見直す過去はセピア色…

とりあえず暮らしてみるかと口にする令和たばこいじけてないか

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ほどほどのふんべつだけで暮らしてるそんなものかそんなじだい マリアさえ差別の網に押し込めて男でつくる隠微社会 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・…

破廉恥な無謀制裁繰り返すおとこ遊びに封印もなく

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 揺れ動く言葉を選ぶ夕暮れに焼き鳥さがす肥満親爺あり ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・…

無限なる展開のごとき草原を北風抜ける日記帳なり

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 天を打つシリウス巡る冬空は私はわたしそれでいいのだ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・…

こころときめく仕組みが作動する日々がある

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 揺れ動く震える思いを持ち上げて「心」というもどこかちがう 「心」など得体のしれぬまやかしをあるかの如く語るもおかし ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・…

青き国生み出しては変貌し身内争いで消えるのですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 「海と山が繋がっているところで暮らしたい」それでいい ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・…

何もかもつじつま合わせの語り口秋が深い老人の山

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 繰り返す同語反復にぎにぎしクイーン流す陶酔の夜 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・…

始まれば終わることがあたりまえそれでいいのだ愉快な日々だ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 時代すぎ偏見美学が沸き上がりゆがみてうねるそれもありか ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 「時代が捏造する美学は一時のため息」 ・・・・・…